新築住宅の壁にはコンセントの差し込み口を

新築住宅につけておいて良かったものはといえば、「屋外のコンセント」です。正確に言えば、「屋外のコンセントの差し込み口」になりますが。

「屋外のコンセント」は我が家の設計をしてくれた設計士さんの助言でつけることとなったのです。「外に電源あった方が便利ですよ」ということで。

確かに、車を掃除したりする時なんかは、壁などにコンセントの差し込み口があれば非常に便利です。家の中からも電源を取れるものなんですけれど、しかし窓をあけてコードを入れなくてはならないので、完全に網戸を閉めることができず、虫が入ってしまいます。

ですから、屋外に電気の供給口があれば非常に便利だというものでしょう。そこで壁にコンセントの差し込み口をつけてもらったのです。というか、設計士さんが「そうした方がいい」というものですから。しかしその言葉は本当だったのですからね。

高圧洗浄機を使うときも、車内を掃除する時に掃除機を使うときも、屋外のコンセントは役立っています。ですからもちろん、屋外のコンセントは「つけておいて良かったもの」ですよ。